構想日本で配信いただきました。

構想日本にて配信いただきました文章をご紹介させていただきます。

http://www.kosonippon.org

高野病院の問題を例に挙げ、日本が抱える医療崩壊の問題について考察しました。

医療崩壊の危機は地方だけではありません。都市部も危機に直面していると言わざるを得ません。

医療崩壊は他人事ではありません。
高野病院で起きたことは氷山の一角に過ぎないと思います。

お読み頂けましたら幸いです。

****************************

「高野病院から日本の震災復興と地域医療を考える
     ―日本に迫る、他人事では済まされない医療崩壊―」

          南相馬市立総合病院 医師 山本 佳奈

http://www.kosonippon.org/mail/detail.php?id=804

本日の「月曜Monday(もんだい)夜はこれから」に出演致します。

本日19時から放送の「月曜Monday(もんだい)夜はこれから」に、高野事務長と支援する会事務局長の尾崎が出演致します。

「月曜Monday(もんだい)夜はこれからは」は、毎週月曜日の午後7時から2時間の生放送です。

番組は、インターネットのUstreamで、音声と映像を世界中に発信されています!スマホやパソコンからも視聴可能となっております。

http://www.ustream.tv/channel/rfc-radio

ぜひお聴ください!

本日、19時30分よりクローズアップ東北で放送されます。

本日、19時30分よりクローズアップ東北で高野病院が特集されます。
——
◆2月3日(金)午後7:30(青森県は別番組を放送)
「ある老医師の遺言~誰が地域医療を守るのか~」
——
番組内では、ご意見を募集されています。
以下の投稿フォームから、是非とも番組宛に皆様のメッセージやご意見等お送りいただけましたら幸いです。
——
(以下、番組HPより引用)
2月3日に放送するクローズアップ東北「ある老医師の遺言~誰が地域医療を守るのか~」では、寄せられたみなさんからのご意見を交え、地域医療について生放送で考えていきます。
原発事故後も診療を続けてきた高野病院に関するメッセージや、地域医療をどう守るのかについて、ご意見を下記の投稿フォームからお寄せください。
また、Twitterからのご意見も募集します。
番組で紹介してもよい場合は、ハッシュタグ #NHKクロ東 をつけてツイートしてください。
https://cgi2.nhk.or.jp/prog/form.cgi?p=P2911&tb=f2&f=P2911

明日のテレビ番組のお知らせ(クローズアップ東北)

明日2月3日19時30分よりクローズアップ東北で高野病院が特集されます。

担当ディレクターの鍋島様はETVの高野病院特集を指揮した方でもあり,継続的に高野病院の状況を伝えてくださっています。

みなさまどうぞよろしくお願いいたします!

ご覧いただけましたら幸いです。

——
◆2月3日(金)午後7:30(青森県は別番組を放送)
「ある老医師の遺言~誰が地域医療を守るのか~」
再放送:2月4日(土)午前10:55(青森県は本放送)
——
http://www4.nhk.or.jp/P2911/

報道ステーション

本日の報道ステーションで取り上げていただきました。
ありがとうございます。

以下、番組内でのジャーナリストの後藤健次さまのコメントを抜粋させていただきます。

https://www.youtube.com/watch?v=XO492a_hs3Y&feature=youtu.be

「この高野病院、なんとかしないと病院の継続ができない、それは高野院長の過重医療、過重労働によって成り立っている病院だと。いつ倒れてもおかしくない、その先をどうるするんだという脅威を開始した矢先にあの火災事故が起きてしまったということなんですね。これは、地域の問題ではなくて国全体の問題でもあるわけですね。相馬の立谷市長によるとですね、ここで高野病院が倒産したり閉院に追い込まれると、残念ながら我々が思い出したくない2011年の3.11の後、多くの病院からですね、患者の皆さんがバスに乗って避難先へ移動していく、それによって命を失われたり、あるいは体力を失った方、いっぱいいましたよね。あの光景がもう一度繰り返されるといいますね。翻って国の復興予算を見ますと、非常に巨額の予算がある、あるいは使いができず余った予算もあるにも関わらず、こういった命に関わる問題、命を預かる病院を一つ守れないで果たして政治って意味があるのか?そこを問いたい。この種の問題に前例は必要ないと思いますね。直ちに政治が決断をして、手を差し伸べるのが基本だと思いますね。」

J-WAVEの「JAM THE WORLD」に坪倉正治医師が電話出演いたします!

こんばんは。

今夜20時からオンエアされるラジオJ-WAVEの「JAM THE WORLD」に坪倉正治医師が電話出演いたします!

坪倉医師が出演するのは20時55分ごろからの予定であり,「被災地の医療,どうすれば守れるのか」というテーマでトークを行う予定です。

みなさま、ぜひお読みください。

http://www.j-wave.co.jp

新聞掲載のお知らせ(1月25日付)

いつも温かいご支援をありがとうございます。

昨日も新聞に掲載いただきましたので、ご紹介させていただきます。

<朝日新聞>
高野院長に捧ぐ追悼コンサート 広野町 /福島県

<河北新報>
福島・広野の高野病院 高野理事長に聞く/県へ無償提供の意向/双葉郡の医療守りたい
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201701/20170125_63005.html

高野事務長は河北新報のインタビューの中で、
「県などと続けている次の緊急会議で、無償提供の意向を正式に表明し、検討の土俵に上げたい」
と県に無償提供する意向を示しております。

高野英男院長との「お別れ会」のお知らせ

いつも温かいご支援をありがとうございます。

高野英男院長との「お別れ会」のお知らせを頂戴しましたので、ご紹介させていただきます。

ご多忙とは存じあげておりますが、是非ともご参加いただけましたら幸いです。

日時:2017年2月26日 18時から
場所:せきのホール
   福島県いわき市小島町3-2-2
   (http://www.sekinohall.co.jp/sekinohall.html)

<高野病院>理事長 県へ無償提供の意向

本日の河北新報の朝刊に高野己保理事長の意向が掲載されました。

リンクをシェアさせていただきます。

高野己保理事長は24日、河北新報の取材に対して「病院施設を県に無償提供したい」と述べ、診療継続と病院存続に向け、県などと続けている次の緊急会議で無償提供の意向を正式に表明し、協議していきたいという意向を示しております。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201701/20170125_63005.html

院長先生追悼コンサートが開催されました。

本日、午後1時より高野病院にて「ヒーリングマインドコンサート -院長先生追悼コンサート-」が開催されました。

NPO法人音育プレママパーティさまによる、童謡やポップス等の耳慣れた曲をリラックスして聞くコンサートでした。

もともとは患者さまのために企画されたコンサートだったそうですが、急遽院長先生追悼コンサートとなったそうです。

「患者さまもスタッフの方々も、院長を想い、涙を流しならが演奏をお聴きになっていた様子がとても印象的でした。改めて、どれだけ院長先生がみんなに慕われていたのかが分かりました。」と、参加した学生さんより伺いました。

ほんの少しではございますが、コンサートの様子を写真にてご紹介させていただきます。