本日付の東京新聞にて、二つの記事が紹介されております。

 こちらは、一面トップです。片山夏子記者が取り上げてくださいました。
 我々や病院のスタッフ、杏林大学外科の非常勤医師が連携してなんとか急場をしのぐ体制を整えたことが紹介されております。また、以前から勤務されている看護師さんのコメントもございます。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017010990065722.html

 こちらは、社会面での掲載です。井上能行記者が取り上げてくださいました。
 私が入るよりずっと前、高野英男院長がご存命の時から注目し、取材されていたようです。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201701/CK2017010902000124.html

 こうやって再度追って取り上げてくださるところに記者の矜持を感じます。
引き続きご支援賜りますようお願い申し上げます。